英会話教室に通うことで苦手意識を克服することも可能

英会話教室に通うことで苦手意識を克服することも可能

英会話での失敗は異文化に触れるチャンス

ノートに文字

英語圏の方と英語で話そうとするとき、日本で生まれ育った日本人の多くは、脳内で「聞いた内容」と「言いたい内容」を日本語で思い浮かべようとするでしょう。これは日本で育った者にとってはきわめて自然なことです。
ところがここがポイントで、日本人は「相手の方から英語で聞いた内容」と「自分がこれから相手の方に言いたい内容」のいずれも日本語で思い浮かべている場合がほとんどで、さらに深く言えば、それらの内容を「日本の文化に基づいた」上で英訳して相手の方に伝えようとしていることに気付いてない場合が本当に多いのです。その結果、相手の内容を自分の能力や文化的背景にあてはめて理解できる範囲内で日本語化し、またこちらの伝えたい内容が相手の理解を超えた文化的背景を含んでいることに気づかないまま英訳してしまい、お互いに微妙にズレを残したまま会話や行動が進んでいってしまうのです。
しかし、恐れる必要はありません。むしろそのズレこそが互いの文化の違いにダイレクトに触れる瞬間なのです。失敗や誤解にお互い気付いた時点で謝ったり、笑い合ったりすることにより、さらにお互いの文化に対する理解違いを尊重することに繋がるからです。そしてそこから相手の方の文化的背景を考慮した、より英語的な英訳が可能になってくるのであり、ひいてはビジネスにおけるシビアな英会話においてもやはり重要となるのです。